補正下着でウエストマイナス6cm.太ももマイナス8cm

補正下着でウエストマイナス6cm.太ももマイナス8cmの驚きの効果

補正下着のダイアナでウエストマイナス6cm、太もも両脚でマイナス8cmサイズダウンしました。

 

 

体重自体は48キロから43キロと、5キロほどしか変わっていませんが、気になる部分を集中的に落とせたのでかなり満足しています。

 

具体的に使用したものは、下着、マッサージ機、バンテージの3つです。

下着

下着については、サロンで正しい着用方法についてアドバイスを貰い、基本はブラジャー、ボディースーツ、コルセット、ガードル、ストッキングを毎日着用します。

 

サイズダウンしてくると、コルセットのみにしたり、ショートガードルでも良くなったりするので、おしゃれの幅も広がります。

 

これで余分な肉をつけたい部分に移動させます。

 

わたしは、ウエストが減った分バストがプラス5cmアップしたので、全体のバランスも良くなりました。

 

ストッキングは着圧が強く、浮腫みの解消に効果的です。

 

医療用にも指定されています。

 

オフィスワークで毎日座りっぱなしなので、履いていないと脚が痛くなってしまいますので、仕事をしている時には欠かせません。

マッサージ

マッサージについては、まずリンパマッサージを行い、全身の老廃物を流します。

 

それだけでもむくみがとれてすっきりました。

 

その後気になる部分の中の脂肪を潰す、揉み出しということを行うのですが、これはかなり痛いので、わたしは機械で電気を流して脂肪を溶かしました。

 

機械は超音波モード、EMSモード、自動モードとあり、自動では超音波とEMSが同時に行えるため効率的です。

 

1ヶ月間毎日10分ずつかけることで、短期間でウエストマイナス2cm、太もも両脚で4cm減りました。

 

水に濡れても大丈夫なので、浴室でできるのも魅力でした。

バンテージ

最後にバンテージです。

 

ウエスト、太ももの気になる部分に寝るときにまいて寝ていました。

 

リンパの流れに沿ってねじることで、寝ている間もリンパマッサージの効果が得られ、朝起きたときにすっきりした脚でストッキングを着用することが出来ました。

 

むくんでしまうと、せっかく細くなる努力をしていても元に戻ってしまうので、なるべくむくむ時間がないように常にケアしていました。

 

やはりこれらの凄いところは、元のサイズが大きい人でなくても効果がでるところです。

 

世の中にいろいろなダイエットや部分痩せの方法がありますが、元がある程度細い人だとあまり効果が見られないと思います。

 

しかし、わたしはウエスト64センチから58センチ、太もも52センチから48センチと普通サイズから細くすることができたので、とても嬉しいです。

 

現在も続けており、まだ落ち続けています。

 

なりたい身体になるまで頑張りたいと思います。