お腹まわりの部分痩せに必要なのはコレでした

部分痩せは難しい、よく言われる事ですよね。

 

運動をして消費カロリーを上げたとしても、希望する部位の脂肪だけを減らす事は難しく、特定の場所の脂肪だけを減らしたいと思ったら、脂肪吸引などの外科要素を取りいれないといけない気がしますよね。

 

でも、ちょっとした努力で部分痩せをすることも出来るんですよ。

 

例えばお腹まわりは、部分痩せで最初に狙いたい部位なのではないでしょうか。

 

全体としては太っていないのに、なんとなく太って見える人は、ウエストにくびれが無いからかも知れません。

 

お腹まわりの脂肪だけを減らすのは難しいことですけど、ウエストにくびれが出来ればメリハリが付き、ただ痩せるだけよりも魅力的になれますよね。

 

ウエストにくびれを作る為に必要なのは、腹斜筋です。

 

腹斜筋は主に体をひねる時に使われる筋肉で、ウエストのくびれには欠かせない筋肉なんですよ。
足を肩幅に開き、腰から下は動かさないように上半身をひねるだけでも鍛える事はできますが、一層の効果を期待したい場合は、ツイスティングクランチがお勧めです。

 

 

両膝を立てた状態で仰向けに寝て、両手は頭の後ろで組み、腹筋の要領で体を起こしながら、左のひじを右ひざに当てたら体を倒し、今度は右のひじを左ひざに当てるように体を起こす。

 

これを10回1セットとし、1日2~3セット行うと良いですね。

 

腹斜筋を鍛えるとウエストにくびれが出来るだけでなく、筋肉量の増加から代謝の向上や内臓冷えの予防にもなりますので、試してみてはいかがでしょうか。

筋トレよりも簡単に部分痩せが出来る?キャビスパEX

トップへ戻る