キャビテーションのメリットとデメリット

キャビテーションは超音波を当てて脂肪細胞を破壊して脂肪細胞を減らす痩身法です。

 

痛みがないなどのメリットがありますが、デメリットも存在します。

 

メリットとデメリットを知ってからキャビテーションを受ければ安心できます。

 

キャビテーションの一番のメリットは脂肪細胞の数が減ることです。

 

メスを使わずに脂肪細胞の数を減らせるので、痛みがなく傷も残りません。

 

脂肪細胞が減ればリバウンドしにくいです。

 

手術の場合は入院が必要ですが、キャビテーションはダウンタイムがないのですぐに帰宅できます。

 

長期休暇を取れない方でも受けることができます。

 

セルライトは運動や食事制限では解消しにくいですが、キャビテーションはセルライトにも働きかけて肌が滑らかになることが期待できます。

 

一般的には副作用の心配がないといわれていますが、まれに副作用があります。

 

超音波を使用しているため、超音波が骨に当たるとキーンという耳鳴りがします。

 

施術後も残るかもしれませんがおさまります。

 

細胞から溶けだした脂肪は一旦肝臓に集められて排泄されます。

 

肝臓は解毒、糖の貯蔵などさまざまな働きをしていて、脂肪細胞が流れ込むことで負担が増えます。

 

アルコールの摂取、喫煙は肝臓に負担をかけるので控えましょう。

トップへ戻る