キャビプラスの特徴と体験談レポ!口コミ効果を主婦が体験して本音で暴露

家庭用キャビテーション美容器は、たくさん販売されていて、どの美容器が自分に合っているのかわからない…なんてときありますよね。

 

さらに、それぞれどう違うのか、効果もどんなものがあるのかわからないもの。
そこで今回は、家庭用キャビテーション美容器・キャビプラスの特徴を実際に使ってみた体験談をご紹介します。

 

キャビプラスとは?

 

キャビプラスとは、数ある家庭用キャビテーション美容器の一つです。

 

多くのキャビテーション美容器は、1つだけしか機能がついていなかったり、多くても3つしか機能がついていないなんてこともあります。
しかし、キャビプラスは、いろんな機能がついている家庭用キャビテーション美容器。

 

また、エステサロンで使うような大きな機械ではありません。
とても小さくて片手で使える美容器なのです。

 

キャビプラスには、キャビテーションだけでなく、EMS、ラジオ波、赤色LED機能がついています。
普通のEMSとかだと、使用するときにベッドに寝てパットをつけないといけないことがあります。
でも、キャビプラスは、この小さい機器を当てるだけでいいのです。

 

また、最近は充電式のものが多くなっていますが、実はそれだとパワーが弱まってしまうもの。
使える時間も限りがありますが、キャビプラスは、コード付き。

 

お風呂場などでは使えませんが、パワーが強いというのが売りです。
家庭用キャビテーション美容器は業務用と違うので、パワーが弱いものがほとんど。

 

また、ハイパワーだとお値段が高くなることもあります。
しかし、キャビプラスはコード付きでハイパワーなので、そんなお悩みがふっとびます。

 

キャビプラスの4つの機能と効果

では、実際にキャビプラスについている機能とそれぞれの効果を見ていきましょう。
どんな効果があるのか、一番気になるところですよね!

 

1.キャビテーション

キャビテーション機能は、脂肪やセルライトに集中的に刺激を与えます。
そうすることで、中の気泡が壊れ、脂肪が溶けやすくなるのです。

 

贅肉が気になるところ、特にお尻やお腹、太ももなどの部分痩せに効果があります。
キャビプラスのキャビテーションは、1秒間に33万回のキャビテーション超音波振動が発生しています。
これは、エステサロンでよく行われているキャビテーションと同じくらいの威力です。

 

2.ラジオ波

ラジオ波機能を使うと、熱エネルギーが発生。
それを身体にあてることで、身体の中からしっかりと温めてくれます。

 

ラジオ波は、キャビテーションやEMSをする前のいわばウォーミングアップといえます。
キャビプラスのラジオ波は、1秒間で50万回の振動数のラジオ波が発生。

 

そして、EMSとの併用もできるようになっています。
ラジオ波とEMSを併用することで、身体を温めながら痩身効果が期待できます。

 

3.赤色LED

赤色LEDは、肌の活性化に効果があるといわれています。
お顔など気になるところに赤色LEDを照射すると、滑らかな肌を手に入れることができ、アンチエイジング効果、また乾燥を防ぐこともできます。
痩身効果ではないですが、女性なら嬉しい効果ですよね。

 

4.EMS

多くの方が知っているEMS。
エステサロンでも長く使われている痩身機器といえばEMSです。
以前は、低周波が主に扱われていました。

 

しかし最近は、低周波、中周波、高周波、干渉波と4つにわかれています。
EMSを使用することで、部分痩せに効果があります。

 

キャビプラスの使い方

それでは、気になるキャビプラスをどのように使っていったらいいのかを説明していきます。
基本はとても簡単で、身体に当てるだけ!
ですが、詳しくは↓

  1. 痩せたい部分にジェルを塗る。
  2. キャビプラスのスイッチをいれ、痩せたい部分に当てる。
  3. 上下左右に円を描くように動かして、マッサージしていく。
  4. 10分程度で終了させる。

たったのこれだけです!
毎日しっかりとキャビプラスでケアをすることで、効果が期待できます。

キャビプラスを使用する上での注意点

簡単に使用できるキャビプラスですが、念のために注意点もみておきましょう。
とっても基本的なものです。

 

1.買っただけでは痩せない

なかには、家庭用キャビテーション美容器を買って、それで満足する女性っていますよね。
でも、それだけでは絶対に痩せません。

 

エステサロンに通うとなると、誰かに施術をしてもらえますが、ホームエステは、他人を頼ることはできません。
あなたの意思でしっかりと使うことで効果がえられます。

 

エステサロンに通う時間も費用も安く済むので、面倒とは思わずに、長期スパンでゆっくりと地道に取り組みましょう。

 

2.無理をしない

反対に、家庭用キャビテーション美容器を買った瞬間に、俄然やる気が出る女性もいます。
そして、やった分だけすぐに痩せる!と思い込んでいることがあります。
ただし、即効性はあまり期待できません。

 

期待しすぎて、無理をしすぎると、肌に負担がかかったり肌トラブルとなってしまいます。
また、体調が悪い時は、無理せず使用をやめておきましょう。
ゆっくりと長く続けることが、近道となります。。

キャビプラスを主婦が自腹で購入して体験レポート

早速、気になるキャビプラスを注文してみました。

 

 

キャビプラス本体を購入するとジェルとソックスがおまけでついてきました。

 

キャビプラスを注文すると、以下の物がセットになって届くはずです。

 

•キャビプラス本体
•電源コード
•付属のジェル「ヒアルリッチ」
•使い方冊子
•説明書(保証書付)

 



 

キャビプラスの説明書や冊子は、文字だけでなくて、イラストや画像付きとなっていました。
なので、使い方がわかりやすいです。

 

文字だらけの説明書は、読む気をなくしますよね。

 

本体は思っていたりよりも大きいです。

 

まずぱっと見た感じは、軽くてちょっとおもちゃっぽいかなと…黒で重厚感はあるんだけれど素材が何だか少し安っぽく感じました。

 

キャビプラス本体は、とってもシンプルでかなり軽いです!
片手でもっても、ずっともっていても、あまり疲れないなと思いました。

 

軽い=効果がない、というわけではないので、安心してくださいね。

 

これで49800円かあ~けど効果が良ければ見た目はいいんですけどね。

 

 

また、キャビプラスには付属のジェルがついています。

 

「ヒアルリッチ」というジェルで、1キロ(1000g)となっています。
この専用ジェルは、香りはほぼないので、誰でも使いやすいと思います。

 

香りがあると、気分が悪くなってしまう人もいるので、無香料が無難ですよね。

 

そして、このジェルには、コラーゲンやヒアルロン酸が配合されています。
なので、キャビプラスを使用後は、お肌がぷるぷる潤っている感じになります。

 

 

キャビプラスを使うとき、以下の4つのボタンを操作します。

・電源ボタン
・RF(ラジオ波)ボタン=ラジオ波とEMS*4段階調節
・CV(キャビテーション)ボタン=キャビテーション
・LEDボタン=赤色LED機能

 

<キャビプラスの機能は以下のように組み合わせできます>

•RF(ラジオ波)+EMS+キャビテーション
•RF(ラジオ波)+EMS+赤色LED
•RF(ラジオ波)+EMS+キャビテーション+赤色LED

 

脂肪を撃退したい場合

 

多くの女性が使いたい機能がこちらではないでしょうか。
脂肪やセルライトをやっつけたいときは…
ラジオ波+EMS+キャビテーション+赤色LED
と全ての機能をたっぷり使います。

 

この機能を一度に使うことで、気になる脂肪やセルライトを効果的にケアできます。
ラジオ波の熱で温めながら、キャビテーションで脂肪を溶かしていきます。

 

お肌にハリを与えたい場合

 

お肌のツヤやハリって年齢とともになくなっていきますよね。
そんなときに試したいのが…
ラジオ波+EMS+赤色LED

 

赤色LEDを使用することで、お肌環境を活性化。
そして、アンチエイジング効果があり、乾燥にも効いてくれるようです。
また、ラジオ波が皮膚の奥まで届くことで、お肌が引き締まります。
その結果、お肌にハリが戻り、潤いがうまれるのです。

 

さっそく気になるふくらはぎに使用してみます。

 

天敵セルライト

 

ジェルを塗ります

 

交流式なので電源コードにさしながら使います。

 

一般的に交流式は出力パワーが強く、充電しなくてもすぐ使えるいう長所と、コードがあるので使いにくく使う場所が限られるという短所がありますね。

 

逆にヤーマンのキャビスパのような充電式は、充電しておかなければ使えないけれど、コードレスなのでどんな箇所にも使いやすく場所も選ばずお風呂などでも使えます。

 

長く続けることを考えるとお風呂でもどこでも使える方が私的にはいいかなと思いました。

 

キャビプラスの使い方

 

まずは、丸いプラグを本体下部のコネクタに差し込み、ACアダプターを電源コンセントに、差し込みます。

 

 

<電源スイッチ>
電源スイッチいれると、キャビプラスが作動。
音が鳴り、点灯リングが点灯します。

 

 

<ラジオ波ボタン>
ラジオ波ボタンを押すと、熱エネルギーとEMSが作動。
微弱電流で気になる部分にアプローチします。
ラジオ波は、4段階調節となっていて、ボタンを押すと1段階ずつ強まります。

 

 

熱エネルギーが体の奥から温めてくれます。
気になる部分もじんわり温めつつ、EMSで刺激してくれます。

 

まずは、このラジオ波ボタンでウォーミングアップ。
キャビテーションの効果を高めます。

 

 

<キャビテーションボタン>
キャビテーションボタンを押すと、超音波が発生。
この超音波が女性の敵である脂肪やセルライトを刺激します。

 

1秒あたり33万回の超音波振動と強力なので、しっかりと脂肪・セルライトにアプローチしてくれます。

 

<LEDボタン>
LEDボタンを押すと赤色LEDが点灯。
625nmの波長の光が、照射されます。
LEDケアは、最後に使用するといいそうです。

 

625nmの高純度赤色LEDで、なめらかでうるおいのあるお肌を手に入れることができます。

 

それぞれの部位におけるトリートメントは、10分がベストだそうです。
そして、使用箇所は1日4部位が目安です。

 

肌を清潔にした後、(お風呂上りがおすすめです。)専用ジェルを気になる部分に塗ります。

 

 

出力パワーの差はそこまで感じませんでした。

 

むしろ比べてみると…

 

キャビプラス→キャビテーション330~360KHz、ラジオ波500KHz

 

ヤーマンキャビスパ→キャビテーション330KHz、ラジオ波1MHz(=1000KHz)

 

ですのでキャビテーションはほぼ同じ、ラジオ波に関してはキャビスパの方が2倍の出力です。

 

<ふくらはぎに使う場合>
足首上からひざ下まで、下から上へ円を描くように動かします。

 

 

<お尻に使う場合>
太ももの付け根から、下から上へ引き上げるように動かします。

 

<二の腕に使う場合>
ひじの前から、リンパを流すように脇の下へ向かって動かします。

 

 

やった感じもキャビプラスはラジオ波の温かさはあまり感じませんでした。
EMSのピリピリ感はけっこう感じました。

 

キャビスパのEMSとはちょっと違う感じの動きで、キャビスパは筋肉がピクピク動く感じでキャビプラスはピリピリ少し痛い感じでした。 

 

 

<太ももに使う場合>
ひざ下から太ももの上側にかけて、下から上へ円を描くように動かします。

 

 

<ウエスト・お腹に使う場合>
ウエストの外側から内側へ向かって、くびれを意識して動かします。

 

 

内臓脂肪が多いので効果ありそう!

 

 

ふくらはぎのセルライトは1回だけでは効果もなかったです。

 

 

 

管理人感想◆キャビプラスの効果
10分ほどキャビプラスを当ててみました!
すると、左右の脚の色がちがいます。
血行がよくなっているのがよくわかります。
たった10分で血行がよくなるのはすごいですよね。

 

ラジオ波を使うと、温まってくる感じがわかりました。
EMSの独特なピリピリとした感じはほぼありませんでした。
慣れてきたら、レベルとあげるといいかもしれません。

キャビプラスのQ&A

キャビプラスはいつ使うのがいい?

いつでも使えますが、効果的なのは、お風呂あがり。
少し火照りが冷めたあとです。
もしくは、寝る前もおすすめです。
リラックスしている状態でキャビプラスを使用すると、効果が得られやすいそうです。

キャビプラスの使用前後にしないといけないことは?

水分補給は必須です。
キャビプラスの使用前と後に、水分補給はしっかりとしましょう。
また、食事をしてから少し時間をおくこと。
キャビプラスを使うとき、食事から1時間は経っていること。
そして、使った後2時間は食事を控えることがポイントです

キャビプラスの専用ジェルがなくなったら?

基本的には、専用ジェルじゃなくても構いません。
お好きなマッサージ用ジェルをお使いください。
ただし、超音波美容専用のジェルを使うと、さらに効果的です

キャビプラス使用後のケアはどうしたらいい?

キャビプラスを使用したら、保湿クリームを塗りましょう。
キャビプラスの機能である、キャビテーションやラジオ波は熱を発生するもの。
そのため、お肌の水分が失われやすくなっています。
今使っている保湿クリームを使って問題はありません

生理中にキャビプラスを使っても大丈夫?

生理中に足などがむくむことがあるでしょう。
その際は使っても大丈夫です。
ただし、お腹に使うのは絶対にダメです

付属のジェルは洗い流さないといけない?

「ヒアルリッチ」は、洗い流しは必要ありません。
またお風呂に入らないといけない…なんてことがないので、楽ですね。
コラーゲンやヒアルロン酸が配合されているヒアルリッチ。
キャビプラスの使用後、肌になじませるとお肌が綺麗になりますよ。

キャビプラスを実際に購入した人の口コミまとめ

家に届いたのでさっそく使用してみました。EMS、ラジオ波はレベルは1でいまいち効果がわからなかったので4で使ってみると、少しピリピリして気持ちハリがでたような感じがしました。もう少し詳しい使い方あるといいかもですね。付属でついているジェルだと10分もたなく途中で乾いてしまいます。

エステでキャビテーションをしてもらって凄く良かったので購入しようとしたんですが、20万円もするのでとても帰る金額じゃないのであきらめていたら
キャビプラスを知って値段も買える金額だったので買いました。エステサロンみたく効果があるのか?心配しましたが、お肉が柔らかくなっているのは実感できました
特に腰まわりがやわからくなったのがうれしかったです。

お風呂で使えないので寒い時期は使うことができないのが残念です。10分寒い時期に素肌になると逆に冷えてしまいます。
防水設計ならもっと良かったと思いますが、ピリピリしてくるので実感はあると思います。

まだ購入してなので間もないのでなんともいえないですが、お腹の分厚い脂肪が柔らかくなったような感じです。
これからに期待ですね。ただ、電源ケーブルが邪魔になります。パワーは私の場合は十分なので次はコードレスタイプを購入しようと思います。

キャビプラスを購入する前にデメリットをチェック!

キャビプラスのデメリットはコードレスタイプです

 

コードレスタイプはたしかにパワーはありますが、めんどくさいです。

 

私もキャビテーション、美顔器などいろんな商品を使いましたが一番大切なことは

 

「継続」することです。

 

ダイエットもセルライト改善も継続的に続けることで効果が出ます
毎日続けることになるとパワーよりも使いやすさが大切になります。

 

美顔器でパワータイプのコードレスを購入したこともありますが、正直パワーがどのくらいなのか?

 

数字で言われてもよくわからないですよね。

 

コードレスだと決まった場所じゃないと出来ないお風呂で出来ないなどありまして結局使わなくなってしまいました。

 

掃除機のワイヤレスタイプやロボット掃除機が流行っているのも同じことだと思います。

 

1日に何キロ痩せたとか1回でマイナス何センチ痩せたとか目先だけ良くても続けなければ元に戻ってしまいます。

 

私が美容商品に求める条件は

 

  • 充電式ワイヤレス(充電不要が一番ベスト)
  • お風呂使用可能
  • 使用後のメンテナンスが楽

 

この3つを基準にしてます。

キャビプラスの販売元やメーカーってどこなの?

キャビプラスの販売元、製造元ってみなさんわかりますか?

 

ネットで「キャビプラスメーカー」って

 

検索してもいまいちわかりません。

 

キャビテーションは、私たち素人ではわからない技術や構造になっています。

 

そんなわからないキャビテーションをさらにわからないメーカーだとちょっと不安になりませんか?

 

国内メーカーなのか?海外メーカーなのか?疑問があります。

 

なにかトラブルがあった時にどこに問い合わせをすればいいのか?わかりません

家庭用キャビテーションの「キャビプラス」体験した動画公開!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。
キャビプラスは、4つの機能がついている万能な家庭用キャビテーション美容器。
脂肪やセルライトを撃退したい!でも、お肌のケアもしっかりとしたい!なんていうあなたにおすすめなのが、キャビプラスです。
キャビプラスについている機能をたっぷりと使って、毎日ケアしていきましょう。

 

トップへ戻る